「日本のアンデルセン」「日本近代童話の父」
上越の偉人、小川未明。今年のテーマは“野ばら”です。大きい国と小さい国の国境を守る老兵士と若い兵士の友情の物語。新作合唱や創作フラメンコなど小川未明文学に触れ、より密接な空間でこの作品と向き合います。