内藤哲郎

武田朋子
祭り囃子の基本となる「和太鼓」と「篠笛」。二人から奏でられるリズムとメロディは
日本独自の音楽の心地よさを改めて感じさせてくれます。
オリジナル曲もどこか懐かしく心に染み渡る響きを持ち、
いかに日本人のDNAに深く刻み込まれた音色であるか実感していただけます。
体験コーナーではチャンチキも登場し、場内は即席のお祭り会場に。

会場
10月5日(木) 午後 小・中学校
10月5日(木) 夜 町内会
10月6日(金) 午前 小・中学校

※一般(他の地域から)のご入場はできません。

プロフィール

〜朋郎〜(トモロウ)
太鼓と笛、その原点にいつも立ち返り、太鼓がうたう「うた」、おどる笛の「ね」、
この二つが響きあい重なり合いながら生まれ出る唯一無ニの音世界。

【内藤哲郎】(和太鼓)
2002年まで「鼓童」に11年間在籍。在籍中は演奏のみならず、
作曲や演出などの評価も高く、CDにも数多くの名曲が残されている。
独立後は独自のセンスを生かし、角松敏生・DJクラッシュ・吉田兄弟など様々なアーティストとの
レコーディングやコンサートツアーに参加。ジャンルにとらわれない幅広い活動を展開している和太鼓奏者。

【武田朋子】(篠笛)
宮韻勢納連で江戸囃子の太鼓・笛を習得し、悠玄亭玉介社中の江戸獅子舞の太鼓方として活動後、
「鼓童」にて研修。現在は東京を中心に笛・太鼓の演奏や指導、
作曲活動を行い活動の場を様々に広げる篠笛奏者。


TOPに戻る
<その他ジャンル>
ヴァイオリン三味線と瞽女唄オクタビストチェンバロとヴァイオリンフルート狂言フラメンコ
アウトリーチ事業