牧田由起

佐々木友子
クラシック界では一番華やかで一般的に良くしられている楽器の「ヴァイオリン」。
でも身近に聴く機会はなかなかありません。小さく軽いヴァイオリンから奏でられる音色はとても響きあり、
2本のヴァイオリンが奏でる名曲の数々は、素直に音楽の楽しさを知ります。
体験コーナーでは「分数ヴァイオリン」も用意しますので、小学校低学年の児童も体験可能です。

会場
5月10日(水) 午後 小・中学校
5月10日(水) 夜 町内会
5月11日(木) 午前 小・中学校

※一般(他の地域から)のご入場はできません。

プロフィール

【牧田 由起】(ヴァイオリン)
4歳からヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部を卒業。
国際モーツァルトコンクール派遣者選考演奏会2001優勝。
そのほか国内のコンクールにおいて、多数の賞を受賞する。オーケストラとの共演やリサイタル、
室内楽等クラシックの演奏会の他にも、親しみやすいコンサートや、ジャズとの共演など、
幅広い演奏活動を行っている。現在、上越市に在住。新潟大学教育学部非常勤講師。

【佐々木友子】(ヴァイオリン)
新潟市(旧亀田市)出身。桐朋学園大学演奏学部卒業。同大学研究科を終了したのち渡英。
英国王立音楽院にて演奏家ディプロマを取得。
ヨーロッパ・ベートーヴェンピアノトリオ協会コンクールで第1位。
カヴァティアナ室内楽コンクール第1位、オーディエンス特別賞を合わせて受賞。
2001年、新潟県音楽コンクールにて県知事賞受賞。新潟県立中央高等学校音楽科非常勤講師。


TOPに戻る
<その他ジャンル>
三味線と瞽女唄オクタビストチェンバロとヴァイオリンフルート和太鼓と篠笛狂言フラメンコ
アウトリーチ事業